植物性たんぱく質で「きれいな筋肉」を作る

たんぱく質は主に動物性たんぱく質と植物性タンパク質に分かれます。

後者の植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べて脂質が低く、更に悪玉コレステロールが少ないためより健康的にたんぱく質を摂取することができます。

relay-race-655353

悪玉コレステロールが少ない植物性たんぱく質

植物性たんぱく質は筋トレやダイエットをしている方にお最適です。
悪玉コレステロールが少ないので、肉をを食べる量を減らしても十分に筋肉の形成に一役買います。

植物性たんぱく質は、筋トレをしている時にはアミノ酸とビタミンCをバランスよく摂取することで、肉の代わりに筋肉を育成する働きがあります。
健康的な筋肉、また持続性のある筋肉の形成が可能になる栄養素なのです。

筋トレだけでなく健康管理のために必要な栄養素

内臓脂肪や皮下脂肪が気になる方にもおすすめの栄養素です。
筋トレだけでなく健康管理のためにも、植物性たんぱく質を多く取ることをお勧めします。
タンパク質は筋肉だけでなく臓器の他、ホルモンなども育成する働きをもっています。

植物性たんぱく質が多く含まれている食材

植物性たんぱく質が多く含んでいる食材は穀類に多く、豆類にも豊富に含まれています。
毎日の生活の中でタンパク質が不足しないように、普段の食事の生活の中で、合理的に食べていくには大豆がお勧めです。

植物性たんぱく質が多く含まれている大豆

大豆は、植物性たんぱく質が最も多い食材です。
肉を食べずに大豆を食べても筋トレができる程、豊富なたんぱく質が含まれています。
プロのスポーツ選手やアスリートの方には十分にお勧めできる栄養素です。
大豆を起用したレシピは数多くあるので毎日の食生活の中で自然に摂取していける食材です。

nato

簡単にできる代表的な大豆料理

●納豆
●豆腐
●きな粉
●大豆とひじきの煮物
●おしるこ
●大豆トマト煮
●圧力なべを使用した大豆の煮物

等さまざまですが、圧力なべを使用した大豆の煮物は大豆を圧力なべで十分に柔らかくしてから食べれるので、非常に食べやすく植物性たんぱく質を最も簡単に負荷なく食べれて胃の吸収にもよいのでおすすめです。

植物性たんぱく質できれいな筋肉を形成しましょう。
動物性たんぱく質のように悪玉コレステロールが少なく、健康的な筋肉トレーニングに最適な栄養素なのです。
毎日の生活の中で圧力なべを使用した大豆の煮物など、胃の吸収にもよく、お勧めの食べ方です。

関連記事



関連記事

  1. 今日の朝食献立メニュー「むね肉のさっぱり焼とジャーマンポテトとツナサラダと」

  2. 体を軽く動きやすくする栄養素とは!

  3. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない

  4. ダイエットも兼ねて筋肉トレーニングを行う食事法

  5. 弁当は、筋肉と考えよう!

  6. 活発的な体に変化させるための食生活とは!

  7. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!

  8. アスリートの怪我をしない体づくりと食事法

  9. 有酸素運動に欠かせない食事とは

ピックアップ記事

  1. スポーツ栄養食はアスリートの必須条件です。
  2. 合宿定食・昼食(スポーツ栄養食レシピ)
  3. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない
  4. 豚カツ定食(スポーツ栄養食レシピ)
  5. 食事が勝負を決する時代です。
  6. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!
  7. 合宿定食・朝食(スポーツ栄養食レシピ)
  8. 合宿定食・夕食(スポーツ栄養食レシピ)

人気記事

PAGE TOP