丈夫な骨を作る為のアスリートの食事療法

1453700

丈夫な骨を作る為のアスリートの食事療法

怪我をしてしまったアスリートのために 骨折や疲労骨折などを早期に改善するための食事療法です。
一日でも早く治したいアスリートのための栄養の取り方から、強い骨を作る栄養素を食生活の中で積極的に摂ることを目的としています。

アスリートが怪我をしている時は、筋肉をつけるような食事療法とは異なります。
神経や、体の改善を目指すために必要な栄養素を積極的に採用していくことになります。
また、食生活を継続すれば丈夫な骨を作り、怪我をしにくくする体づくりを可能とします。
リハビリ、トレーニング中でも、ケガをしないようにケアをしていくことが大切です。

骨づくりに必要な栄養素はカルシウムの他にも

カルシウムの他にも、骨を育成し怪我を治すための栄養素は、カルシウムの他に葉酸、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンB 6などがあります。
特に、ビタミンDは腸でのカルシウムの吸収を高めますので、怪我の治療には必用な栄養素です。

ビタミンDは魚肉やキノコ類などに含まれています。
丈夫な骨を育成するためにも必要な栄養素です。
定期的に栄養素として取り入れるならばサプリメントがお勧めです。
骨の健康を保つのに働くので、治癒にも栄養素としてビタミンDを積極的に摂ると骨の異常も早期に改善します。
健康な骨を目指すならビタミンDは欠かせません。

ビタミンKも骨の大切な材料となる栄養素

ビタミンKも骨の異常を改善するための栄養素になるので、十分に必要な栄養素になります。
ビタミンKが含まれている主な食材はブロッコリーです。
怪我や治療中によく食べると怪我の治癒も早期に完了するのでお勧めの食材です。

食品添加物の中に含まれているリン

食品添加物の中のリンは加工食品などに大奥含まれていますが、カルシウムの吸収を妨げるので怪我の治療中やリハビリの最中には食べないようにしましょう。
また塩分が多すぎるのも大敵です。
魚介類は全般にリンがたくさん含まれている食品群です。
なかでもスルメやどじょう、からすみやしらこ、たらこやわかさぎ、伊勢えびやくるまえびなどは量も多い食品だといえます。
肉類の中でも、ビーフジャーキーやハムといった加工食品もリンの含有量が多いです。

乳類もリンが豊富な食品群であり、製菓材料として使われる脱脂粉乳には100gあたり1000mgも含まれます。
パルメザンチーズやプロセスチーズなどのチーズ類も、リンが多く含まれています。

一定以上のカルシウムをバランスよく摂取

1日に必要なカルシウムの量は700mgから800mgと言われています。
骨を強くするためにはしっかり定期的な運動と一定以上のカルシウムを摂取することは最も大切です。
運動療法にもエネルギーを消費します。
食事療法も含めて骨折や骨粗鬆症を解消していくことが望ましいです。

カルシウムは骨や歯を形成します。
特に牛乳は飲み物なので手軽にカルシウムを摂取できる食品です。
干しエビや煮干しは少量でもたくさんのカルシウムを摂取できます。
他にも藻類や緑黄色野菜、ゴマ、チョコレートなどにもカルシウムは多く含まれます。

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨形成に役立つ栄養素を積極的に摂りましょう。
カルシウムと相性が良いのはビタミンDです。
骨粗しょう症の方に最低必要な食事療法でもあり、骨には食事生活の中でビタミンD・Kを摂ることで、早期に骨の怪我、治療を完了することが出来ます。
しかし運動をし始めるのは完治してからにしましょう。
関連記事



関連記事

  1. ダイエットも兼ねて筋肉トレーニングを行う食事法

  2. 今日の朝食献立メニュー「豚肉のおろしかけと厚揚げのツナトースト」

  3. アスリートの怪我をしない体づくりと食事法

  4. 食事が勝負を決する時代です。

  5. 植物性たんぱく質で「きれいな筋肉」を作る

  6. 活発的な体に変化させるための食生活とは!

  7. 乳酸菌がもたらすアスリートの体への影響

  8. アスリートが健康的に体を大きくするための食事とは

  9. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない

ピックアップ記事

  1. 合宿定食・昼食(スポーツ栄養食レシピ)
  2. 食事が勝負を決する時代です。
  3. 豚カツ定食(スポーツ栄養食レシピ)
  4. 合宿定食・朝食(スポーツ栄養食レシピ)
  5. 合宿定食・夕食(スポーツ栄養食レシピ)
  6. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない
  7. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!
  8. スポーツ栄養食はアスリートの必須条件です。

人気記事

PAGE TOP