怪我やリハビリ中のアスリートの食事方法

アスリートやプロのスポーツ選手には付きものの、怪我は食事療法で早期の改善を図ることが可能です。

スポーツ選手やアスリートの方は怪我をしたときに食べるものや栄養まで気を遣う必要があります。
体が必要としている栄養素を多く摂取すれば、それだけリハビリやけがの治療も早くなります。
しっかり自分の怪我の状況を認識しておけば、何が必要な栄養素なのかをはっきり知れます。

アスリートの怪我やリハビリ中の食事方法

22607370

骨のリハビリのための食事法、レシピ

怪我による骨の異常にはカルシウム、マグネシウム、ビタミンK、主にチーズや卵、牛乳、小魚、海藻などが中心です。
集中してカルシウムを採りたい方は、圧力なべでチキンを骨が柔らかくなるまでに煮込みます。
味付けは自由です。
そして柔らかくなった骨を食べると、牛乳や卵に含まれているカルシウムの10倍以上のカルシウムを摂取することが出来ます。
そのため怪我やリハビリで骨の治療をしているアスリート、プロのすぽおーつ選手には圧力なべは大いに利用できます。
普段の私生活ではカルシウムは積極的に取る必要があります。

その他も靭帯や、肉離れに良い食生活

肉離れなど筋肉の回復を早めるためには、 ビタミンが先決です。
回復能力が高まり、バランスよくビタミンとたんぱく質を摂取することでケガをしない体にもなります。
また早く回復するためにリハビリやトレーニングを定期的に多ないますが、アスリートの体を育成するためにはその分の栄養素も必要とします。
怪我をしているリハビリ中のアスリートに良いブロッコリー、たんぱく質、ビタミンC、ミネラルは定期的に摂取していくことをお勧めします。
スポーツ選手における、食事摂取で大切なポイントを怪我をした時です。
早い完治を目指して、できることは食事療法とリハビリ、自分の体の栄養を十分に取るために胃の消化や働きをサポートする栄養素も必要です。
特にビタミンKは、胃の吸収をサポートしアスリートのためのリハビリ対策には必要な栄養素です。
主に含まれている食はブロッコリーなどで、サプリメントとして摂取してもよいでしょう。

プロのスポーツ選手の方で練習しながらケガを治していかなくてはなりません。
バランスのよい食事づくりも大切ですが、怪我をしている時には怪我の治療のために必要な栄養素を選び、積極的に摂取していきましょう。
関連記事



関連記事

  1. 今日の夕食献立メニュー「ビーフシチューとおでんとサラダ」

  2. 今日の夕食献立メニュー「チキンソテー和風ソース」

  3. 有酸素運動に欠かせない食事とは

  4. 食事が勝負を決する時代です。

  5. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!

  6. アスリートはこれだけ食べよう

  7. 今日の夕食献立メニュー「きのこのピラフと骨付きフライドチキン&スパゲティー」

  8. 大きく成りたかったら、たくさん食べる

  9. ビタミンCを積極的に取り健康的な筋肉を育成しよう!

ピックアップ記事

  1. 合宿定食・夕食(スポーツ栄養食レシピ)
  2. スポーツ栄養食はアスリートの必須条件です。
  3. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない
  4. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!
  5. 合宿定食・昼食(スポーツ栄養食レシピ)
  6. 豚カツ定食(スポーツ栄養食レシピ)
  7. 食事が勝負を決する時代です。
  8. 合宿定食・朝食(スポーツ栄養食レシピ)

人気記事

PAGE TOP