体を軽く動きやすくする栄養素とは!

action-1834465_1280

体を軽く動きやすくする栄養素とは!

体の調子、体調は摂取している栄養素次第です。
元気で健康でいるために、またはアスリートの方で更なる体づくりを意識している方にとっては栄養素は非常に大切な栄養素の一つなのです。
体の「エネルギー」はスポーツや仕事を行う際には必要不可欠、そのエネルギーを作るの食事です。
エネルギーの元になる栄養素は生命の維持や生活活動において食事からのエネルギーが最も大きく影響します。
そのため肉食、草食もで比較するとパワーが出る食事は肉食です。
これはアスリートでも同じことが言えます。
より大きなエネルギーを生み出すためには、自分の体に合った体の動きを活発化する栄養素を選択することが必須です。

たんぱく質、脂質、炭水化物はマスト

利用できるエネルギーは体内で主にたんぱく質、脂質、炭水化物から摂取可能です。
エネルギーになる栄養成分でもこの3つは欠かせない栄養素です。
体を動かす大切な活動の源はカロリー、我々は平均1日に約2,000kcalくらいの食事を食べます。
含まれている栄養素が体を動かし大きなエネルギーになります。
食物はエネルギーの源なので、健康管理、または筋肉トレーニング等体づくりをしている方にも有意義な栄養素なのです。

体を活発に動かすためにもエネルギーをより多く吸収

体を活発に動かすためにもエネルギーをより多く吸収するためには胃の働きを活発化することが基本です。
たんぱく質、脂質、糖質(炭水化物)は体を作る材料でもあり、体のエネルギー源でもあります、

体の調子がよくなり24時間活発的に

食事からエネルギーを得るためには、十分な働きのある栄養素を食生活で実践的に取り入れていくことで、体の体調を調整することも可能なのです。
基本となるエネルギーになる栄養素はタンパク質、糖質、脂質の他にも食事を構成する栄養素を工夫することで体の調子がよくなり24時間活発的に行動できるようになります。

アスリートのような体にするためには、食事に含まれる栄養素は人間のからだの筋肉等から骨まで構成します。
そのため食生活が重要となるのです。
食品に含まれる成分は肉、魚、卵、大豆製品は最も重要ですが、エネルギーになる栄養素を忘れずに食べるようにしましょう。
偏りがちな食生活では体を育成できても、エネルギーのあるアスリートのような体にするためにはたんぱく質、脂質、糖質(炭水化物)は非常に重要な栄養素なのです。

脂質などは、食生活でもどのように摂れば理想的かというと、エネルギーになる バター、マーガリンなどを積極的に食生活に取り入れることで植物油で、肉の脂身などよりもコレステロールが低く、バター、マーガリンは食べやすいと言えます。
炭水化物でエネルギーになる ご飯、パン、糖質は砂糖でビタミンを定期的に摂りましょう。
栄養バランスでエネルギーになる栄養素、糖質、脂質、タンパク質は体を軽く動きやすくする栄養素と言えます。
関連記事



関連記事

  1. 今日の夕食献立メニュー「きのこのピラフと骨付きフライドチキン&スパゲティー」

  2. 練習前と練習後の捕食が必要です。

  3. 大きく成りたかったら、たくさん食べる

  4. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない

  5. 今日の朝食献立メニュー「焼き魚と茄子のそぼろ炒め」

  6. 弁当は、筋肉と考えよう!

  7. 活発的な体に変化させるための食生活とは!

  8. 今日の朝食献立メニュー「豚肉のおろしかけと厚揚げのツナトースト」

  9. 今日の朝食献立メニュー「豚肉味噌炒めと目玉焼き」

ピックアップ記事

  1. 合宿定食・朝食(スポーツ栄養食レシピ)
  2. 筋肉トレーニングでは筋肉は付かない
  3. 食事が勝負を決する時代です。
  4. スポーツ栄養食はアスリートの必須条件です。
  5. 合宿定食・昼食(スポーツ栄養食レシピ)
  6. なぜ?スポーツ栄養食が必要なのか!
  7. 豚カツ定食(スポーツ栄養食レシピ)
  8. 合宿定食・夕食(スポーツ栄養食レシピ)

人気記事

PAGE TOP